ソーシャルメディアを提供するSNSは近年ういういしい層を中心におっきい人気を集めるようになっています。 こういう人気の背景には様々な要因がありますが、とりわけ著しいのはインターネットでお客とお客とのリレーションを身近に持てるからという理由です。 SNSとはソーシャル・ネットワーキング・サービスのためあり、日本語にすれば「社会的なリレーションを提供するプロジェクト」だ。 現に顔付きを合わせなくてはそばとは言えないと言われた時期は既に過ぎ去ってあり、現代ではすでにインターネットで互いのIDを知って申し立てを交わしていればそばとなっているのです。 そういったソーシャルメディアという狙いが生まれたのは2006年ごろのことでしたが、実際にはソーシャルメディアと呼べるyesは2006年以前より存在していました。 例えば握りネームを使って申し立てを書き込んで交流する電子掲示板は、仕組こそシンプルなものですが現在のSNSとなかなか似通っています。 とも個人がwebのページや専用の機械を使って自分の申し立てを晒し、それに対して反発を受けてどんどんうたい文句を戻すということが可能だからだ。 特に日本では世の中最大規模の絶大掲示板ページがあったこともあって、ソーシャルメディアを利用して多人数が交流することは全く以前から盛んに行われていたと言えるでしょう。 現在でこそソーシャルメディアの主役は各種のSNSとなっていますが、あとあともっと知らせテクニックなどが進化していけばまた大きな変化が巡る可能性が高いです。 あとあとwebを使ったお客とお客とのリレーションがどのように変わっていくのか、そしてそれによってどういった文化が生まれていくのかということは常に注目しておくべきエレメントと言えるでしょう。