恋愛ユーザーとして意識しているロマンスと言葉をする際には、ついつい「嬉しいはなしをしなくては」と気負ってしまう。しかし、実際には話し出し賢明の人様よりも、「聞き上手」な人のほうが、モテるといわれています。 どうして明かし賢明よりも、聞き上手のほうが相手に好かれるのかというと、それは「共感されている」という調を、与えることができるためです。それぞれにとって、「共感罹る」というのは実に要であり、たとえばネットのSNSなどにも、その感想がみられます。「いいね」あるいは「ライク」などのエッジを他者に押して貰う結果、「俺は理解されている、繋がってる」という満足をできるのです。精神学においても、情熱を共有することはやけに重視されてあり、たとえばアドバイザーなどは、「いかにしてクランケのはなしを呼び起こすか」をいつも考えるといわれています。ユーザーをリラックスさせて、思っている部分、感じていることをツイートにもらい、それを認める結果、きずなが築かれていくのです。 「自分の話を聞いてほしい、共感してほしい」という意欲は、男女の性別を問わず、誰にでもあるといわれています。ただ、「共感しやすい」あるいは「共感していらっしゃることを上手に表現できる」という点においては、おばさんのほうが得意なことが多いようです。おばさん同士の連絡でも共感は非常に重視されますから、そんな感想が現れるのかもしれません。対話が得意なダディーの症例、こんな「共感連絡」はある程度下手くそに窺える方もいるでしょう。しかし、「共感してもらえる」部分の満足やハピネスは、誰にでもあるものです。ユーザーのステータスにのぼり、内面を理解して上げるということは、きずなのスタートラインといえるでしょう。